性病に喝!(勝つ!)

性病になったら当サイトをご覧ください!悩んでないで今すぐ性病に一喝を!

自覚症状のない性病ほど恐い

性病には、自覚症状のあるものが多いです。
男性の場合は、排尿時の痛みや亀頭のかゆみなどの自覚症状が起こります。
女性の場合は、外陰部のかゆみや異常なおりものが出るなどの自覚症状が起こります。
いずれも初期の段階から出る自覚症状なので、性病になったことに気づきやすいです。
その分治療も早期に開始することができ、重症化を防ぐことができます。

しかし中には、自覚症状の出にくい性病もあります。
クラミジアなどはその最たるものです。
クラミジアになった場合、男性の50%、女性の80%が、全く自覚症状のないまま症状が進行していきます。
また淋病も、男性にはある程度の自覚症状が出ますが、女性の場合はほとんどが自覚症状が出ません。

そしてこれらのような、自覚症状のない性病ほど恐いのです。
なぜなら気づかないうちにどんどん重症化し、取り返しのつかない事態に陥ることがあるからです。

たとえばクラミジアは、重症化すると男性の場合は前立腺炎や精管炎を引き起こします。
女性の場合は子宮頚管炎や卵管炎を引き起こします。
さらにその状態で妊娠出産をすると、生まれた赤ちゃんがクラミジア肺炎になってしまいます。

淋病もやはり、生殖器を中心とした炎症を引き起こしますし、無精子症など不妊の原因となることもあります。

これらは症状が出ないからこそ危険で、そのため日頃から予防や検査をしておくことが、非常に重要だといえます。