性病に喝!(勝つ!)

性病になったら当サイトをご覧ください!悩んでないで今すぐ性病に一喝を!

治療期間中は飲み続けることが重要なクラビット

クラビットはニューキノロン系に属する抗生物質であり、レボフロキサシンを有効成分として含有しています。有効性の高い細菌が多いことから広く用いられる抗生物質の一つとしてよく知られており、グラム陽性菌やグラム陰性菌、クラミジアやマイコプラズマへの感染に対して汎用されます。そのメカニズムとして知られているのが細菌の増殖抑制であり、DNAの複製を選択的に阻害することによって増殖を不可能にするというものです。感染症の種類や症状、製剤によって用法が違うものの、1日に1回から3回を飲み続けるということが基本的な投与方法です。治療期間も状況によって大きく異なりますが、指示された期間は自己判断でやめてしまわずに飲み続けることが重要になります。細菌に対する抗生物質による治療で問題になりがちなのが耐性菌の出現であり、治療期間の間はずっと飲み続けることがその出現リスクを低下させることが知られているからです。実際のクラビットによる治療期間として典型的なのは1週間から2週間程度であり、著効を示さない場合には薬の切り替えや併用を開始する場合もあります。一方、腸チフスやパラチフスの場合には14日間投与を原則として定められているなど、細かな規定も定められているのがクラビットの特徴です。薬物間相互作用として一部の鎮痛剤との併用にリスクがあったり、制酸剤によって効果が低下する恐れがあったりということがあるため、別に飲んでいる薬がある場合には医師に相談することが大切になります。ニューキノロン系の抗生物質は比較的新しいことから耐性菌が蔓延してきていないものが多く、クラビットも例外ではないことから多くの細菌感染症において第一選択となる傾向があります。