性病に喝!(勝つ!)

性病になったら当サイトをご覧ください!悩んでないで今すぐ性病に一喝を!

性病の種類と治療方法について

性病の種類と治療方法についてご説明します。

まずは「性器クラミジア感染症」です。
「性器クラミジア感染症」は感染率の高い性病です。
男性の場合は尿道に感染し、尿道炎や発熱、排尿痛などの症状が現れます。
女性の場合は子宮頚管に感染し、頚管炎や不正出血、下腹部の痛みなどの症状があります。
ただし男女とも感染しても全く症状が出ないことも多いのがこの病気の特徴です。
治療にはマクロライド系やテトラサイクリン系の抗生物質を使用します。

「性器カンジタ症」は女性特有の性感染症です。
男性が感染することはとても少ない病気です。
「性器カンジタ症」はもともと体内に存在しているカンジタというカビの仲間が、風邪や疲労などで身体の免疫力が落ちてくると増殖して炎症を引き起こす病気です。
性行為で感染することもあります。
外陰部が赤く腫れたり、かゆくなったり、排尿時に痛みを感じることもあります。
治療には抗真菌薬を使用し、毎日膣内洗浄をして投薬を行います。

「外陰炎」は細菌や真菌が原因の性感染症で、性器の周りや肛門などに炎症が起こり、かゆみや痛み、腫れなどを引き起こす病気です。
抗生物質を服用したり、抗菌クリームやかゆみ止めのクリームを患部に塗って治療します。