性病に喝!(勝つ!)

性病になったら当サイトをご覧ください!悩んでないで今すぐ性病に一喝を!

クラミジアはうつ病性障害の原因、クラビット治療と予防

クラビットはニューキノロン系として知られる強力な抗生物質の一つであり、様々な細菌感染に対する治療に用いられます。性病の治療においても有効性を示すものが多く、細菌感染である性器クラミジアや淋病の治療においては頻繁に使用される傾向があります。抗生物質による細菌感染治療では耐性菌の出現が問題になることが多く、有用な治療薬が登場してもそれを多用した結果として耐性菌が出現し、使い勝手が悪くなってきてしまうことが多々あります。クラミジア治療においてはマクロライド系やテトラサイクリン系抗生物質が用いられることが多いものの、耐性菌が増えてきていることから、比較的耐性菌の少ないニューキノロン系のクラビットが選ばれることが増えているのです。クラビットの使用によって治療はできるものの、予防をして感染が広がらないようにするというのは重要あり、コンドームの着用はその典型的な予防法です。性器クラミジアはコンドームの着用による予防が有効であり、性行為の最初から最後までコンドームを着用することで感染率を著しく下げることができます。若年層に広まっている性器クラミジアはしばしばうつ病性障害の原因ともなっていることから、その予防方法について周知することは大きな課題となっています。性器クラミジアで自覚症状が出やすいのは男性ですが、うつ病性障害になりやすいのは女性の傾向があります。これは性器クラミジアであるのに気付かずに長い期間が経過してしまい、不妊症になってしまってショックを受けることがあるからです。また、性病にかかってしまったことを悔いる気持ちが強いことでうつ病性障害になってしまうこともあります。自分はかからないと思ってしまわずに十分な予防策をもって性と付き合っていくことが大切です。