バルトレックスの効果や使い方・体験談を紹介しています

トリコモナス症は、性行為によって感染する性行為感染症、いわゆる性病です。
原生生物のトリコモナス 原因菌が性行為などによって感染することにより、発生します。
この性病に感染する経路は様々です。
トリコモナスはシスト(種子のような状態)で感染するのではなく、接触感染により拡がっていきます。
そのため直接の性行為以外にも感染源があるのです。
例えば感染者が使用した下着やタオル、便座などに接触することによって感染するケースもあります。
また、出産時に母親か感染する可能性もあります。
症状としては、ほとんどが女性のみに呈するものです。
膣炎、子宮頸管炎、尿道炎などの原因となり、自覚症状としては悪臭のおりもの、排尿時の不快感、女性器のかゆみや痛みなどがあります。
感染して10日間ぐらいの潜伏期を経た後に、これらの症状が現れることが多いです。
男性の場合はほとんどが無症状ですが、まれに尿道のかゆみや排尿、射精時の痛みなどの症状が現れることもあります。
男性が無症状であることが、感染を拡大してしまう一つの原因ともなっています。
治療には抗菌薬(抗原虫薬)が用いられます。
クラビットはその内の一つです。
クラビットはニューロキノン系の抗菌薬です。
原虫や細菌などの微生物のDNA複製を阻害することにより、殺菌的に機能します。
病巣へ効率良く移行するために、これまでの飲み薬では治療が難しかった感染症にも効果をしっかり発揮します。
トリコモナス症にかかっているかは病院で顕微鏡を使って原因菌が膣内粘膜などに認められるかによって検査します。
女性の場合は気になる症状が出た場合には、まずは病院で検査を行って医師の指導を受けてから、薬の服用を行って下さい。